お気に入りのヘッドホンで聴く

いつの頃からでしょうか?iPhoneのイヤホン端子が無くなってしまい、お気に入りのイヤホンやヘッドホンが使えなくなって残念に思っていました。

搭載されなくなった直後は、ライトニング端子(充電する穴)をステレオミニプラグのイヤホン端子に変換してくれる小さなケーブルが付属していましたが、今はそれもありません。

付属の白いイヤホンも悪くはありませんが、比べてしまうと良い音がしているとは言えないのが実情です。

写真の様に大きなヘッドホンを使いたいときは「ライトニング→ステレオミニプラグ変換ケーブル」を使うしかありません。

購入してみました。

使ってみた結果

今回購入したケーブルはこちらのタイプです。

iPhoneのライトニング端子とヘッドホンのステレオミニプラグ端子の間に挟み込んで使用します。白いケーブルがそれです。

接続した状態です。特に難しい設定などは必要なく、差し込めばすぐにヘッドホンから音が出てきますので大丈夫です。

比較結果

手持ちのオーディオテクニカのヘッドホンとiPhone付属の白いイヤホンで聴き比べてみました。

比べてしまっては可哀想に感じますが、付属の白いへイヤホンも頑張っていると思います。低音も出ていて迫力もあります。当たり前ですが大型のヘッドホンと比べるとコンパクトなので普段使いには充分かなと思います。(マニアックな人には全然ダメなのでしょうけど、私のような普通の人にはまあまあかなと。)

では、大きなヘッドホンを使う時ってどんな時なのかというと、自宅でじっくり音楽を聴きたい時です。低音が豊かなのはもちろんですが、中音から高音までスッキリと聞こえます。

外部からの音もある程度シャットアウトしてくれるので曲に集中できるのです。聞いている最中に気が散る確率が断然下がります。没頭できるのです。

そんな理由から私は大きなヘッドホンを使うことが多いです。

小イベントでの使用

職場の行事でチンドン屋さんをやったり、手品などの出し物をする機会が多いのですが、iPhoneの中にライブラリを作って外部スピーカーで鳴らす事が多いのです。

チンドンを作った時の記事はこちらです。

ちんどんを安価に作る方法

そんな時便利に使っていたのがBluetoothスピーカーです。ケーブル接続が要らないので離れていても鳴らす事ができますし、コンパクトなので荷物にならないし良い事ばかりだと思って使っていました。

ところがです!本番中に予期せぬ接続切れが起こりました。それからというもの接続が不安定で使い物になりません。

リハーサルでは問題なかったのに本番中の突然の接続切れ!これはいけません。懲りた私は次のイベントから安定のケーブル接続に戻しました。

ところが、最近のiPhoneにはライトニング端子しか搭載されていなくて、結局古いiPhoneを復活させてケーブルで接続してスピーカーを鳴らしていたのです。

ライトニング変換ケーブルまとめ

ライトニング端子→ステレオミニプラグ変換ケーブルを購入しましたので、お気に入りのヘッドホンでiPhone内の音楽を聴く事が出来るようになりました。

また、iPhoneでイベントの音出しも出来るようになりました。

本当だったらiPhoneには汎用的なスレレオミニプラグ端子は残しておいて欲しかったですね。appleの方針なので仕方ないですが。

でも、この変換ケーブルを使えばお気に入りのヘッドホンやイヤホンを使う事が出来るようになります。少しでも良い音で聴きたいですもんね。

iPhoneの事をまとめたページはこちら。

iPhoneCLUB