すぐ飲めるアイスコーヒー

冷たいコーヒーを飲みた〜い。でも冷えてな〜い。

そんな時はスタバのアイスコーヒーブレンドを使って即席で作ってすぐに飲みましょう。

今回使うコーヒー(粉)はこちらです。

作り方とポイント

必要な道具は次のとおりです。(必ずしも全て必要ではありません。)

・スタバのアイスコーヒーブレンド(市販の中では結構オススメです。)

・ドリッパーとフィルター(私はハリオのV60-02ドリッパーと専用フィルターを愛用しています。)

・お気に入りのカップ(ハリオのガラス製ストレートマグです。)

・コーヒーポット

・キッチンスケール(はかり)

・デジタル温度計

ちょっと多めの15gを軽量

普通に淹れる時は8g程度で行いますが、アイスコーヒーの場合は多めの15gで行います。お気に入りのカップが大きいので使う量も多くなります。

これも好みがありますので一回淹れてみて、次から調整すると良いと思います。

氷を用意します

お気に入りのカップ(ハリオストレートマグ)の8分目位まで氷を入れておきます。

このカップは満水で約300cc。8分目で約220cc入りますのでちょっと多めなのです。

お湯の温度は90℃

一旦沸騰させるか、電気ポットで沸騰させたお湯をコーヒーポットに移して90℃になるのを待ちます。

※電気ポットから移した段階でおよそ90℃近い温度になります。温度計が無い方はこの方法でだいたい良いと思います。

お湯の温度は90℃位が一番美味しいと思います。(あくまでも私の好みです。)

蒸らし時間30秒

氷の入ったカップの上にドリッパーを乗っけてお湯を注ぎます。

まずは豆全体が湿る程度に注いだら30秒の蒸らしを行います。

30秒経過したらクルクルと円を描くようにお湯を注いで抽出します。

出来上がり

カップの八分目位まで抽出できたらドリッパーを外してください。ドリッパーの中にお湯が残っていても外して残りは捨てましょう。

この方法で淹れた場合、氷は全部溶けずに写真のとおり残っています。

お好みでガムシロップやミルクを入れても美味しいと思います。クルクルかき混ぜるとちょうど良い冷たさになります。

ちょっと濃いめに抽出されるのですが、氷が溶けて程よい濃さになるという訳です。

飲んでみる

う〜ん。美味しい。ガムシロを入れて少し甘くして飲んだら最高です。もちろんストレートでもいけます。

家にお客さんが来た時に、あたたかいコーヒーがいいですか?冷たいのにしますか?と聞いて、冷たいのが良いと言われたら、目の前でこの方法で淹れてあげます。

へ〜。この方法はいいね。と喜んでもらえます。

夏場はいつもこのコーヒーが冷凍庫に入っています。

コーヒーのあれこれをまとめたページはこちら。

コーヒーの自家焙煎と美味しく飲む方法:DIYでやっちゃえ!