取り付け簡単

バイクで遠出する時にスマートホンのカーナビって役に立ちますね。特に初めての場所に行くには必要大です。

今回は春に向けて私のMT-25にスマホホルダーを取り付けましたので紹介します。

ハンドルバーに取り付け

スマホホルダーといってもピンキリです。今回私が買ったのは1500円位の安い商品です。

早速手順を紹介しましょう。

その1 ベースの取り付け

取り付けベースのネジを緩めてベルトを外し、ハンドルに巻く様に取り付けます。

元々ベルトが通っていた細い穴にベルトを通し、外したネジを締め直します。

はじめは緩めに閉めておいて後で角度を決めてからきつく締めましょう。

その2 ホルダーの取り付け

ホルダー部分をベースの溝にはめ、スライドさせながらはめ込みます。

ロックがかかるまでしっかりはめましょう。

その3 スマホの固定

ホルダーをクルッと回して縦にします。

次に、両脇のレバーを親指と人差し指を使って縮めるとホルダーが広がります。

次に、スマホをホルダーの中心に置いて押し付けます。

すると、カシャっとホルダーが縮まってスマホが固定されます。簡単です良くできています。

固定部分はご覧の様にスマホの四隅がしっかりホールドされますので安心です。

バイクにまたがって見るとこんな感じです。

角度が決まったらネジをしっかり締め付けましょう。

ちなみにクルッと回転させると横にもなります。

その4 ハンディーカムも付いた

なんと、手持ちのSONYのハンディーカムを乗っけたら綺麗に乗っかりました。固定にネジを使えないので太めの輪ゴムを巻きました。

走りながら解説動画を撮るのにも良いですね。

その5 左側にも設置

ハンドル右側に取り付けるといろいろ邪魔な物がありますし、キーを回しにくかったので左側に設置してみました。

この位置が良い様です。

ちなみに、ベルトが長くてハンドルを切った時にタンクに当たってしまいます。キズになると嫌なのでカットしました。

ニッパーで切りましたが、大きなハサミでも切ることができます。後でもうちょっと切りました。

ハンディーカムも左に取り付けてみました。

この手のカメラが使えると液晶画面を反転させて写り具合を見ながら撮ることが出来るので便利ですね。

しっかり取り付けたければカメラをネジで固定できるマウントを購入すれば良いでしょう。

その6 実際走ってみた

今日は1月3日です。結構な寒さなのでほんの20分くらいの走行でしたが良好です。

でも、実際には走行中に見る余裕はありませんし、操作するなんてもっての外です。ちゃんと停車してから操作しましょう。

さて、今回購入して取り付けた製品は安価な物なので全体が樹脂(プラスチック)で出来ています。1年や2年で壊れてしまうとは思えませんが、時々劣化具合をチェックしながら使った方が良いかもしれません。

心配な方は金属製の物を選ぶと良いと思います。

※どちらにしてもスマホを落として壊してもスマホホルダーのメーカは保証してくれないので自分で注意するしかありませんね。

ちなみに、複数のメーカーから全く同じ形のスマホホルダーが出ています。きっと製造元は同じで、ロゴだけ変えて卸しているのでしょう。

made in chinaです。

バイクのことをまとめたページはこちらから。

MT-25と一緒にバイクライフを楽しもう。