行きたい場所がある

大雨で国道が通行止になってしまって行く事が出来ない。

でも、林道を通れば行けるらしい。

しかし、倒木や土砂崩れがあって車ではダメ。バイクなら行けるらしい。

MT-25でオフロード

11:00頃。どうしても行きたいのだから仕方がない。MT-25でいざ出発。

いやはや、出発してから20分。舗装の道路から未舗装の林道に入ってしばらく走りましたが、途中は水が流れていたり落石があったり泥沼になっていたりで散々です。

エキパイとアンダーカウルはこんな感じ。フロントフェンダーを延長してあるのにここまで汚れました。

マフラーはこんな感じで汚れています。

最初の難関は泥沼

この先、泥沼みたいになっている場所が。

水たまりになっている場所は入ってみるとグチャグチャでズルズル。

フロントが取られて転びそうになるが立て直し、アクセル開けると尻を振り出し。スクワットをやってて良かった。

こんな場所が何箇所あった事か。

二番目の難関はススキ野原

お次は林道がススキで埋め尽くされている!ひでえもんだ。

バイクでかきわけながらゆっくりと進みました。熊でも居たらどうしよう。

三番目の難関は川

林道が川みたいになっている。滑る滑る。

やっぱりオンロード用のタイヤではグリップなんてしないしない。

また滑って転びそうになりましたが踏ん張りました。

四番目の難関は落石

草むらの中は落石だらけ。特に尖った石には気をつけないといけませんね。

よく見て行かないと、こんな石がゴロゴロしています。

最大の難関土砂崩れ!

小規模な土砂崩れが行く手を阻みます。斜面が崩れて道を塞いでいるのです。

うわあ!まじか。出発してからもうすぐ40分。目的地はもうすぐじゃないか。

行くしかないね。この位なら何とか突破できる。多少苦労すると思うけど、右の斜面側に突っ込んでみました。

案の定ズッポリとタイヤがはまり、エンジン下が泥で詰まった様になりリヤタイヤは空転して泥をかくばかり。

MT-25から降りてもバイクは立ったまま。スタンドを立てなくても立ったまま(笑)

MT-25を左右に振って泥を少し寄せ、タンデムグリップを後ろから掴んで力一杯押してようやく抜け出しました。靴はドロドロ手もドロドロ。

筋トレしていて良かった。力ずくの脱出です。

安全な場所まで移動して写真を一枚。

倒立フォークだと困る

フロントフォークはご覧の通り。ここまでひどく汚す事は滅多にありませんが、新型MT-25は倒立フォークになっているでしょ?

インナーチューブが泥だらけになるわけです。

するとインナーチューブに傷が付いたり、オイルシールが傷ついて破れたりしやすくなりますね。オンロードバイクでこんなバカみたいな事する人はそうは居ないだろうけど。

オフロード車が欲しい

本当ならこんな場所はオフロード車で来るべきですね。でも、二台持ち出来るほどの余裕はありません。

若い頃はオフロードでも遊んだから得意ではあるのですが、MT-25では走りにくいのなんの。

ドライなオフロードだったらまあまあ良いのですが、今回の様な泥道はさすがにキツイです。

フェンダーレスにしなくて良かった

実はフェンダーレスキットを買って、リヤをカッコ良く切り詰めたいなあ。なんて考えていたのですが、今回はあまり評判の良くないリヤフェンダーが泥跳ね防止に役立ちました。

それでも家に帰ってみたらリヤシートの上に泥の粒が。

ジャンバーの背中にもちょこっと泥が。

来シーズンはオフロードバイクを入手しよう。排気量が小さい奴でも良いから。

そしてMT-25はフェンダーレス化ですね。

家に帰って洗車

結局2時間近く林道を走って帰ってきましたが、我が愛車のMT-25は泥だらけ。

まあ、FZ400Nの時も同じ様な事やってたっけ。当時も面白かったけど後が大変だったなあ。

これからひたすら洗車です。

エンジンのヘッドにも泥が飛んでいます。

最初はブラシで綺麗にしていたのですがダメです。大雑把には綺麗になりましたがダメです。ブラシが届かないところはどうしようもないです。

最初はまあいいか。なんて思っていたのですが、精神衛生上良くないのでついに登場しました。

高圧洗浄機で洗浄する

パッと見た目綺麗なのですが、アンダーカウルの裏だったりフェンダーの裏、エンジンの下やリヤショックの泥が落としきれません。

ついに登場しました私の高圧洗浄機です。

アンダーカウルの中やエンジンの下側の泥が出てくる出てくる。

リヤショックの辺りに入り込んだ泥も出てくる出てくる。リヤフェンダーの裏側に付いている泥も落ちる落ちる。

大事なドライブチェーンの泥や砂も落ちる落ちる。ここが結構大事なところです。しっかり落としておかないといけません。

チェーンルブを一吹き

泥や砂と一緒に油も落としてしまうのでチェーンルブをシュッと吹いておきました。

クラッチワイヤーにも一吹きしておきましょう。エンジン側とレバー側にシュッと一吹き。

綺麗になったMT-25

ようやく綺麗になったMT-25です。

MT-25であんな泥だらけの林道を走るなんて。大変無駄なことをしてしまいました。

でも楽しかった。

目的はきのこ山

こうまでして行きたかった場所とは。

何と「きのこ山」です。

家の近所のきのこ山は歩いて行けば良いのですが、車で1時間位走る遠くの場所はそうはいきません。

でも、苦労して行ったは良いのですが雑きのこ一本も採らずに帰ってきました。2019年はかなりの不作です。オジボウズでさえ採れませんでした。

MT-25でオフロードまとめ

✔︎ ドライなオフロードならそれなりに何とかなります。実際に練習場に行くまでに未舗装の道路を走らないといけないので何度も走っています。

✔︎ 泥道のオフロードではタイヤのグリップなんてありません。フロントは取られるしリヤは振り出すしで大騒ぎ。

✔︎ 後の洗車がすごく大変です。

✔︎ 筋トレが必須ですね。

まあ、ほぼ予想どうりの結果となりました。

楽しいバイクライフをまとめたページはこちらです。

MT-25と一緒にバイクライフを楽しもう。