ステッカーで安価なカスタム

航空自衛隊のT-4練習機のエアインテークには赤いラインに白地の文字で「危険 空気取入口」と書いてあります。

T-4練習機(Wikipediaより)

米軍だったらjetintake(ジェットインテーク)って書いてあるのですが、日本語で書いてある「T-4練習機の注意書き」が好きです。

大昔のバイクはタンクの横にエアインテークなんて無かったので、これを貼る場所はありませんでした。

しかし、私のMT-25には立派なエアインテークが! でも、MT-25の文字は残したいですね。

これは貼るしかありませんね。早速アマゾンで検索してみました。

デンジャーステッカーの貼り付け

届きました危険空気取入口と危険射出シートのステッカー。

T-4練習機用エアーインテークステッカー

T-4練習機用の物なので、MT-25と比べると空気取入口の角度が立っているので貼った感じがどうなのか気になりましたが、他の機種の物はありませんでした。例えばF-14あたりの物があればバッチリ角度が合うと思うのですが。

ただし、F-14は日本では運用されていなかったので、あったとしても日本語では書かれていないでしょう。

ちなみに赤の射出座席の三角マークもT-4練習機の物です。灰色はF-35の物です。(航空自衛隊仕様)

型紙を切って当ててみる

空気取入口のステッカーには灰色の型紙が付いていました。そこでこの型紙を切って位置を確認しました。

型紙なので切り方は適当です。MT-25の文字を活かすため、二分割してから空気取入口の文字の上を若干カットしています。

空気取入口を貼る

型紙を当ててみて、おおよその位置の見当がついたら本番です。

まずはバイク側をしっかりきれいに拭いておきましょう。

シリコンオフがあれば良かったのですが、切らしてしまって無かったのでアルコール系のウエットティッシュできれいに拭いて汚れや油分を落としてから、乾いたウエスで仕上げました。

やはり、T-4は空気取入口の角度が浅いので、危険と書いてある上の赤いラインがちょっと短いようです。

赤いカッティングシートなどで少し延長すると良いかもしれません。でも、まあまあ良いか。しばらくこのままでいってみましょう。

MT-25の文字はしっかりそのまま残っています。

こんな物貼っても信号待ちで横に並んだ人にしか見えないし、見えてもわかる人が何人いるかどうか。完全な自己満足の世界ですね。

イジェクトシートを貼る

これはT-4練習機のコクピットの所に貼ってある三角のマークです。でも、MT-25のシートは射出出来ません(笑)

危険 イジェクションシートと書いてあります。

このバイクはT-4と同じ複座です(笑)二人乗りってこと。

前席の自分用にはF-35の灰色を貼りました。

MT-25ステッカーまとめ

ちょっとしたカスタムを安価に行う方法としてステッカーを貼るのは有りですね。ステッカーなら、気に入らなくなったら違う物を貼るのも簡単です。

ただ、貼ってもバイクの性能は上がりません(笑)

後で射出座席のステッカーを貼り直しました。

一度貼ったステッカーも、隅にカッターの刃を入れて持ち上げれば外して貼り直すことができました。

ポイントはコテコテに貼りすぎないことでしょうか。

今回貼ったのはこちらのステッカーです。

MT-25にはこのサイズを貼りました。

次は射出座席のステッカーです。MT-25にはこのサイズを貼りました。

どちらもサイズはいろいろありますのでご確認ください。

これに飽きたら機動戦士ガンダムの連邦軍風ステッカーを貼ってみようかな?