知っている様で知らない

何を隠そう!コーヒー好きな私も良く分かっていなかった「モカコーヒー」「カフェモカ」の違い。コーヒー好きと言いながら恥ずかしい限りです。

勉強し直しました。その結果を出来るだけ簡単にわかりやすくまとめてみましたのでご覧ください。

モカはコーヒー豆のブランド

イエメンのモカ港から出荷されるコーヒー豆なのでモカという名前が付いています。

グーグルマップより。

イエメン産のモカ

かつて、モカ港から出荷されるのはイエメン産の他に、対岸のエチオピア産のコーヒー豆もモカとして出荷されていました。(今は港としては機能していないそうです。)

その中でもイエメン産のコーヒー豆だけをモカ・マタリ (Mokha Mattari) と言います。さわやかな香りと強い酸味が特徴の高級豆で、ストレートで飲まれることがほとんどです。

モカ・マタリは「♪コーヒールンバ」の中で歌われたこともあり、日本で人気があるコーヒー豆ですね。

ちなみに、Amazonで価格を調べてみましたが、モカ・マタリは生豆(なままめ)100gで400円位の値段です。

(コーヒー豆は生豆(なままめ)の状態では白っぽいのです。)

結構な値段ですね。更に、焙煎してもらうと倍位の値段ですね。

エチオピア産のモカ

一方エチオピア産のコーヒー豆は、モカ・シダモ (Sidamo)、モカ・ハラー (Harrah)など、生産地の名前が付いています。

こちらもフルーティーな香りと強い酸味が特徴ですが、苦みの強いブラジル豆などとブレンドされ、モカブレンドとして販売される事が多いそうです。

モカ・シダモの生豆の値段は100gで200円位なので、モカ・マタリの半分位ですね。

最近はモカ・イルガチャフェという豆が人気らしいです。

この豆はエチオピアのシダモ地方の標高2,500m~2,600mもある高地「イルガチャフェ村」で生産されたコーヒー豆のブランドで、非常に狭い地域で生産されているため流通量が少なく、高価で取引されています。

Amazonで生豆の価格を調べたところ100gで400円位とモカ・マタリと同じ位しています。

スペシャルティーコーヒーに分類される高級コーヒーです。

ちなみに家にあるAGFのモカブレンドを見たところ、産地はエチオピアとブラジルと書いてありました。

カフェモカは違うよ

確認しておきますと、モカコーヒー(mocha coffee)カフェモカ(Caffè mocha)は全然違うものです。

恥ずかしながら「モカコーヒー」の豆を使っているから「カフェモカ」と呼ぶのだと思っていましたが違いました。

カフェモカの作り方をザッと説明すると次のとおりです。

カフェモカの作り方

1・まず、エスプレッソコーヒーを作ります。しかもダブルで。

(ダブルというのは通常の倍の豆を使って、倍の量のエスプレッソを作る事です。)

2・次にチョコレートソースを入れて、泡立てた牛乳(フォームドミルク)を入れてココアパウダーを振りかけて完成。

美味しそうですね。

でも、モカコーヒーの豆を使うわけではないのです。使っても良いとは思いますが、通常は使いません。

エスプレッソを入れる豆はイタリアンローストかフルシティーローストの深煎り豆をパウダー状まで極細挽きしたもので、エスプレッソ専用の豆というわけではありません。

普通にドリップして飲んでも良いですし、エスプレッソにしても良いのです。

ドッシリ感や苦みが欲しい場合はロブスタ種とのブレンド割合を多くした豆を使いますし、香りや酸味を楽しみたい場合はアラビカ種100%の豆を使います。

では、なぜ「モカ」の名前がついたのでしょう?

モカコーヒーにはカカオ(チョコレート)に似たような香りがあると言います。チョコレートやココアパウダーを使うことで、モカコーヒーの香りに似せているのだそうです。

ちなみにエスプレッソがベースとなってカプチーノやラテやカフェモカが出来るのです。

カフェラテも好きです。ラテアートを作ってもらえると嬉しいですね。

以上、モカコーヒーとカフェモカの違いでした。

今回も参考にさせていただいたのはウィキペディアです。

写真はphoto AC さんです。

コーヒーの事をいろいろまとめたページはこちらから。

コーヒー豆知識と美味しく飲む方法まとめ