コーヒーの二大品種プラス1

実は、コーヒーが大好きなくせに、最近までよくわかっていなかったアラビカ種とロブスタ種の違いやブランドの事。

それなのに「やれモカだ、やれキリマンジャロだ、やれブルーマウンテンだ」と偉そうな事を言っていたわけです。

ボーっと飲んでるんじゃねえー!

何だかオープニングが国営放送の番組みたいになってしまいましたが、私はコーヒー飲みのくせに、良くわかっていなかったのです。

今回は基本中の基本であるコーヒーの品種について調べ直しつつ、なるべく簡単にまとめてみました。

参考にさせていただいたのはWikipediaと、書籍「コーヒーおいしさの方程式」です。最後にリンクを貼っておきますので、もっと詳しく知りたい方はご覧ください。

アラビカ種(arabica)とは

コーヒーの種類は大きく分けるとアラビカ種とロブスタ種に分かれます。

アラビカ種はエチオピアが原産で、世界中で栽培されているコーヒーの約70%を占めていますが、病気や害虫、乾燥や霜に弱く、栽培が難しい品種といわれています。

霜に弱いのに標高1000mとか、高い所は2000mを超える所で栽培されているのです。

とはいえ、味と香りに優れるため世界中で多く栽培されていて、高品質なレギュラーコーヒーとして提供されています。

アラビカ種の中でも細かく品種が分かれていている中で、ティピカ種やブルボン種が有名です。

ティピカ種(Tipica)

原種に最も近い品種で、大半のアラビカ種はティピカ種に由来します。

酸味とコクに優れますが、サビ病に弱く生産性が低いとの事。現在流通しているのは突然変異や改良品種です。

ブルボン種(Bourbon)

ティピカ種の突然変異で出来た品種で、豆は小粒で丸みを帯び、香りやコクに優れているとの事です。

その他、ゲイシャ種なんかも有名です。

ロブスタ種(Robusta)とは

コンゴが原産で、成長が早く、病気や害虫に強いためアラビカ種が栽培できない地域で栽培されていて、世界中の30%程度を占めています。

主な産地はベトナムなどの東南アジア地域が多いですが、ブラジルやアフリカでも栽培されています。

ロブスタ種は香りや味はアラビカ種に及びません。酸味が少なく苦みが強く、独特な香りのためロブスタ種だけで飲まれることはほとんどなく、安価なレギュラーコーヒーの主原料としてアラビカ豆と混ぜられたり、インスタントコーヒーの原料になります。

アラビカ種の様に個々の品種を区別することはないそうです。

カフェイン含有量はアラビカ種の二倍あるそうです。

リベリカ種(Liberica)

アラビカ種とロブスタ種でほぼ世界中の99%を占めていますが、残り1%はリベリカ種という品種です。西アフリカの一部で栽培されていますが、ほとんどが国内消費のうえ、味も香りもアラビカ種より劣る上、サビ病に弱いためほとんど流通していません。

昔はアラビカ種・ロブスタ種・リベリカ種を三大品種と呼んでいたそうですが、今はアラビカ種とロブスタ種で二大品種と呼ばれています。

モカ・ブルーマウンテン・キリマンジャロって何?

次に疑問なのはモカとかブルーマウンテンとかキリマンジャロっていう名前です。

モカ

イエメンのモカ港の事で、ここから出荷されたコーヒーをモカと呼びます。有名なコーヒーのブランドです。

アラビカ種です。

対岸のエチオピア産の豆もモカ港から出荷されたため、やはりモカと呼ばれますが、イエメン産はモカ・マタリと呼ばれ明確に区別されています。

ブルーマウンテン(ブルマン)

ジャマイカのブルーマウンテン山脈の標高800mから1200mの限られた地域で栽培されるコーヒー豆のブランドで、アラビカ種です。

しかし、偽ブランドも多いとの事で、本物のブルーマウンテンはなかなか手に入らないそうです。

キリマンジャロ(キリマン)

タンザニアのキリマンジャロ山の麓、標高1500mから2500mで栽培されているコーヒー豆のブランドです。

ブルーマウンテンと同様、日本で人気のコーヒーでアラビカ種です。

モカ・ブルーマウンテン・キリマンジャロというのは、出荷された港の名前や栽培された地域の名前の事で、コーヒーのブランドなのですね。

コーヒーの品種まとめ

・アラビカ種

世界中の流通量の約70%を占めるが、病気や害虫に弱い上、高地で栽培されており栽培は難しい。味や香りが良く高品質。レギュラーコーヒーになる。

・ロブスタ種

世界中の流通量の約30%を占める。病気や害虫に強く、アラビカ種が栽培できない地域で栽培される。味や香りはアラビカ種に及ばない。安価なレギュラーコーヒーの増量用やインスタントコーヒーの原料になる。

・リベリカ種

西アフリカの一部で生産されているが、流通量は1%程度とほとんど流通しない。味や香りもアラビカ種に及ばないうえサビ病に弱い。

・コーヒーのブランド

モカとはイエメンのモカ港から出荷されたコーヒー豆のブランドでアラビカ種。

ブルーマウンテンとはジャマイカのブルーマウンテン山脈の麓で生産されたコーヒー豆のブランドでアラビカ種。

キリマンジャロとはタンザニアのキリマンジャロ山の麓で栽培されているコーヒー豆のブランドでアラビカ種。

次の機会にはコーヒー豆のブランドについて詳しく調べてみようと思います。

参考文献

ウィキペディア

コーヒーおいしさの方程式

あの、カフェバッハのオーナー田口護さんと、科学者の旦部幸博さんがタッグを組んで、美味しいコーヒーを入れるための理論と実践について、とても詳しく書かれています。面白くて一気に読んでしまいました。

自分の入れるコーヒーの味がグンとアップしました。とても参考になりました。

コーヒーのあれこれをまとめたページへ。

コーヒーの自家焙煎と美味しく飲む方法:DIYでやっちゃえ!

楽しいコーヒーライフを。

参考文献