数人分を手淹れで美味しく入れる

プロのコーヒー屋さんでも行っているペーパードリップですが、ポイントは「しっかり測ってきっちり入れる」ですね。

前回はお一人様コーヒーでしたが、今回は職場のチーム数人で飲む事を想定して入れてみたいと思います。

実際私はこの方法で入れて、職場のみんなに飲んでもらっています。

みんな好みが違うから大変なのです。濃いのが良いとか薄いのが良いとか、苦いのは嫌とか。

みんなが美味しいと言ってくれる様に、香り良く、苦みと酸味のバランスが良く、変な渋みが出ない様な入れ方で入れています。

ペーパードリップに必要な道具一式

職場のチーム5人で飲む様にそろえた道具を紹介します。

1・ドリッパーとコーヒーサーバー

コーヒーを抽出するための道具と抽出したコーヒーを受ける道具です。

私は全部バラバラで買ってしまいましたが、これならドリッパーとサーバーとペーパーと計量スプーンがセットになっていますのでオススメです。

目盛りは5人分まであります。口元いっぱいでギリギリ5人まで大丈夫そうです。

2・コーヒーポット

職場で入れるにはコーヒーポットを使って格好良く決めたいですね。でも本当は、お湯を注ぐ場所や量がコントロールしやすいので使うのです。

無ければ最初はヤカンでも良いですが、一度使ったら手放せなくなってしまいます。

また、このコーヒーポットは蓋が大きいので中までしっかり手が入ります。きれいに洗えるのがうれしいですね。

MADE IN JAPAN (新潟県燕市 竹井器物さん フィーノレトロ コーヒーポット 1.2ℓ)

IHでもガスコンロでも使えます。

3・スティックタイプデジタル温度計

ドリップバッグの時にも登場しましたが、お湯の温度を正確に測って入れるために絶対必要です。

温度を変えながら実験する時にも絶対必要な道具です。

4・コーヒー豆(粉)

カフェ工房さんのレギュラーコーヒーがコスパが良いのでいつも使わせてもらっています。500g×5袋の2.5kgで届きます。

紹介するのはこの豆を使っていろいろと実験した結果になります。

5・計量スプーン

私は計量スプーンの大さじ(15ml)タイプを使っていますが、すりきり一杯で6g、ちょっと山にすると7gです。

一人当たり150ccとすると、豆は7gで入れると良いことがわかりました。5人分なのでちょっと山盛りの5杯です。

6・コーヒーカップ(5人分)

みんなそれぞれ自分のカップを使っているので容量も形も様々です。あらかじめ計量カップを使って150ccの位置を測っておきましょう。

ポイントはしっかり測ってきっちり入れる

なんとなく入れていたのでは上手く出来た時は偶然にすぎません。毎回安定して美味しく入れるために温度をしっかり測り、粉の量もしっかり測り、一杯150ccできっちり入れましょう。

味は豆の種類や焙煎の仕方、挽き方、個人の好みでも変わりますので、この入れ方を参考にしながら実験していただければ良いですね。

1・コーヒー豆をセットします。

ドリッパーにペーパーをセットして一人当たり7gの豆を入れてお湯が沸くのを待ちましょう。

ペーパーは、横と下のつなぎ目のところを交互に折ってから使います。ドリッパーとの間に空間ができて、抽出したコーヒーを落ちやすくするためです。

2・カップを温める。

ポットのお湯が沸騰したらカップに注いで温めましょう。

5人分だとコーヒーポットだけでは足りないので、電気ポットかヤカンを使って別に沸かすと良いでしょう。

3・お湯の温度は90℃

コーヒーを入れる温度は90℃が良いと言われていますが、ほぼそうだと思います。

ほぼというのはいろいろあって、豆によって違ったり、焙煎や挽き方、個人の好みによって違ったりするから絶対ではないのです。

この豆で沸騰直後に入れたり、85℃で入れて実験してみましたが、90℃で入れた時が酸味と苦味のバランスが良くて一番美味しかったです。

温度計は91℃と表示されていますが、入れるまでに温度が下がって行くため、温度計が91℃になったら蓋をしています。

4・一投目のお湯と蒸らし

最初のお湯を入れましょう。低い位置から豆の真ん中に入れ、豆全体が湿ったらお湯を止めます。

このまま40秒間蒸らします。30秒が良いか40秒が良いかは実験で決めれば良いと思います。

蒸らしによって隅々までお湯が行き渡り、豆の美味しさが出てきます。

実験でこの工程を行わずに入れてみましたが、全然コクが無い味というか、美味しくありませんでした。

私はiPhoneのストップヲッチを使ってしっかり40秒測っています。

5・二投目のお湯をそそぐ

40秒蒸らしたところで次のお湯を注ぎます。

低い位置から、のの字を書く様にトロトロとお湯を落として行きます。ドリッパーの八分目以上入れない様にしながら5人分の規定量になるまで続けます。

6・規定量に達したら抽出終わり

規定量になったらすぐに抽出を止めましょう。ドリッパーにお湯があっても外してしまいます。

ここで欲張ってもうちょっとお湯を注いで量を稼ごうとすると苦味や雑味が入って味が落ちてしまいます。

美味しいところだけいただいて早々にポイです。

TEAの5杯分のところが150cc×5人分の量になります。

※ちなみに、ここから先に出てくる汁を味見してみると、渋くて不味くて飲めたものではありません。こんな不味いものは入れない方が良いと思います。

7・カップに注いで完了

カップのお湯を捨ててからコーヒーを注いでください。何と、違えてお湯の中に注いでしまった事があります(笑)

さて、困ったのは濃い方が好きな人に、薄いコーヒーが好きな人が混在している事です。

こんな時は濃く入れておいて、お湯を足して薄くするのもありです。その反対は出来ないですね(笑)

更に、夕方疲れてちょっと甘さが欲しい時には赤ザラメを入れると美味しいです。溶けにくいのが難点ですが、これの甘さは良い甘さです。

ミルクを入れると苦味が薄らいで飲みやすくなります。

ドリップ方法で変わるコーヒーの味

今回の方法は一例として、ご自分で実験して好みの味になる温度や時間を探してみてください。

コーヒーを入れる時の傾向は次のとおりです。

お湯の温度による変化

温度が高い時 「酸味が弱い」「苦味が強い」傾向になります。

温度が低い時 「酸味が強い」「苦味が弱い」傾向になります。

一投目の温度90℃がちょうど苦味と酸味のバランスが良い様です。

豆(粉)の量による変化

豆の量が少ない時 「酸味が強い」「苦味が弱い」傾向になります。

豆の量が多い時  「酸味が弱い」「苦味が強い」傾向になります。

抽出スピードによる変化

抽出スピードを早く 「酸味が強い」「苦味が弱い」傾向になります。

抽出スピードが遅い 「酸味が弱い」「苦味が強い」傾向になります。

抽出量による変化

抽出量が少ない時 「酸味が弱い」「苦味が強い」傾向になります。

抽出量が多い時  「酸味が強い」「苦味が弱い」傾向になります。

粉になっている豆を購入しているので、自分でコントロール出来るのはこの4項目になります。

生豆(なままめ)を買って自分で選別して、自分で焙煎して挽いて!ってやるともっと難しくなるのですね。

コーヒー豆(粉)の保存方法

さて、今回紹介したカフェ工房さんの豆ですが、500g入りが5袋届きますので何と2.5kgにもなります。

毎日飲んでも飲み終わるまでに何日かかるのでしょう。そこでポイントになってくるのが保存方法です。

酸化防止に真空パックのススメ

コーヒー豆は挽いて粉にした途端に空気に触れる表面積が多くなり、酸化のスピードがドーンと早まります。

袋の注意書きにも早めに密封できる容器に移して保存する様に記載されています。

そこで私は真空パックにして冷蔵庫で保存しています。

小分けして真空パック

概ね180g〜200g位に小分けして保存する様にしています。これで一袋を一週間位で飲みきることが出来ます。

空気に触れなければ良いのですから空気を抜いてしまいましょう。完全な真空には出来ませんが、これで冷蔵庫に保管すれば結構長い間、香りや味が保たれます。

ブーっと空気を吸いだして、これで大丈夫ですね。

ペーパードリップで美味しく入れる方法まとめ

自分が行っている方法ですが、参考になれば幸いです。

ポイントは「しっかり測ってきっちり入れる」

・お湯の温度は90℃が良かった。

沸騰したてはダメで、ぬるくてもダメでした。

・蒸らし時間は40秒が良かった。

コーヒー豆の味を出すために、しっかり蒸らしましょう。豆によっては30秒でも良いかも。

・豆(粉)の量は一人当たり7gが良かった。

5人分なので、一人一人の好みの濃さには対応できません。濃い目に入れておいて、薄すいコーヒーが好きな人はお湯を足すのもありです。

・お湯の量は一人当たり150cc。

欲張らないで美味しいところだけいただきましょう。

毎回安定して美味しいコーヒーを入れるために大事な事です。

これを基本にして、あなた好みの味になるように実験ですね。

今回使ったコーヒー豆はカフェ工房さんの豆です。

この値段で2.5kg(送料別ですが)はコスパ良いです。私はリピーターです。

楽しいコーヒーライフを。

コーヒーの事をいろいろまとめたページへ。

コーヒー豆知識と美味しく飲む方法まとめ