曲がった外反母趾が真っ直ぐ

私の足の親指は付け根のところが飛び出してからギュッと曲がっています。

いわゆる外反母趾という奴ですね。

子供の頃、なかなか新しい靴を買ってもらえずに、小さくなった靴を履いていた記憶があります。いつの間にか親指がこんな感じに曲がってしまい、付け根が飛び出してしまいました。

それでも若い頃は気にしていなかったのですが、最近になってランニングをすると飛び出しているあたりが痛む様になってしまいました。

職場の理学療法士のススメ

そんな状況を話したら勧められたのが、コンフォートサポートソックス(Comfort Support Socks)という五本指の矯正靴下です。以下CSソックスとします。

普通の5本指靴下と違うのは、糸や縫製の方法によりサポーター効果が出る様に工夫されているとのこと。

早速注文して届いたのがこれです。

私の足のサイズは27cmなのでLサイズのストロングを選びました。色は見たとおりの黒です。

毎日履きたいので二足注文しました。

CSソックスの履き方

とにかく最初の一回間は履くのに苦労します。でも、このきつさが履いた後、快感に変わります。

丸めてかぶせる

CSソックスをクルクル丸めておいて足先にかぶせます。長いまま履こうとするとすごく苦労します。

親指から順番に入れる

かぶせたらまず親指を入れてみましょう。これがなかなか大変なのですが、手の指を間に挟んだりしながらとにかくCSソックスの指の先までしっかり入れることが肝心です。

もう一度引っ張る

小指まで入ったらもう一度指と指の間に手を入れたり、全体を引っ張ったりしながら指の先までしっかり入れましょう。

かかとの位置を確認

指がしっかりと入ったらCSソックスを伸ばして引っ張ってかかとの位置をしっかり決めましょう。ちょうど斜めのラインが入っているのでわかりやすいです。このラインをかかとの中心に合う様に履きます。

履き上がったら指が伸びていた

なんと、一回目は両足履くのに5分もかかってしまいました(笑)それだけきついので矯正効果もあるのでしょう。

親指の曲がりが軽減されています。履く前の写真と比べてみてください。

これはたまげました。

履いてしばらくしての感想

朝、職場で理学療法士から靴下を受け取って、昼休みに履いてみました。

昼寝起きがサッパリ

そのまま昼寝をしたのですが、曲がっていた親指が正しい方向に引っ張られている感じがなんとも気持ちが良かったです。

そのまま20分ほど眠ってしまいましたが、起きた時にいつも感じる「だるくて嫌な感じ」が全くなくて気分良く起きることができました。これも効果なのでしょうか?

次に、午後の仕事に入ってから感じたのが、足の裏側からお尻の筋が一本痛気持ちいいのです。

正しいい位置に矯正されている効果なのでしょうか。

長年曲がったままだった指が、そう簡単に元に戻りはしないでしょうけど、このCSソックスで矯正されていると気持ちがいいのです。

以外と蒸れなくてサッパリ

驚いたことに、このクソ暑い日に「足が蒸れなくてサッパリ」しています。

こんなにキツキツの靴下履いて過ごすのか。と覚悟を決めていたのですが、いつも履いている普通の靴下より「さわかやで良い」ではありませんか。これは嬉しかったですね。

五本指矯正靴下のまとめ

考えてみれば足には全体重が乗っかってくるのです。走ったりすれば何倍の重さがかかることか。

曲がったままでは変なところに力がかかてしまってダメなのですね。

本来あるべき正しい姿に矯正することで、腰の痛みや肩こりまでも改善するというこのCSソックス。

初日の結果は「すこぶる良好」でした。

しばらく続けてみてまた結果を報告したいと思います。

3ヶ月後の報告

毎日履いていますのでさすがにクタビレてきました。ゆるいです。履くのに楽々になってしまい、矯正効果が落ちてしまいました。

今ではこれを履いていないと気持ちが悪くてダメです。洗濯を忘れて普通の靴下で1日過ごした事があるのですが、足は蒸れるし矯正出来ないしで、その日は1日中変な感じでした。

今回紹介したのはこちらです。

ファイブコンフォートさんのコンフォートサポートソックス(ストロングショート・644ブラックL)

こちらはストロングタイプなので履くのに心配な方は標準タイプもあります。

色は白とカーキもあります。

オススメです。