災害の思い出から

近所の水害では自分の家の重機を運んでホランティアしましたが、遠く離れた場所まで運ぶ事はできません。東北ではスコップとツルハシとジョレンで頑張ってきました。

ジョレンで集めた泥をスコップで土嚢に詰めたり、大きな石やコンクリートをツルハシで片付けながら、こんな時にモビルスーツがあったら作業がはかどるのになあ。とありえない空想をしながらやっていました。

平和利用のモビルスーツを作る

帰ってきてから作ったのがRX-78です。なのでこのガンダムは2011年か2012年頃作ったものです。(写真は2018年1月のものです。)

最初からツルハシとスコップを持たせるつもりだったので、ビームライフルやハイパーバズーカは作りません。代わりに作ったのがツルハシとスコップです。

ツルハシはプラの角棒を削って曲げて作りました。

スコップはプラ板を切って曲げて作りました。

カラーはグレーをベースに設定色よりも濃い色で塗装して重量感を出してみました。特に顔のマスクはガンメタで塗装しています。

1/100サイズなので細かいところも良く出来ていて、作りがいのあるキットでした。写真に撮っても迫力が違います。

胸のダクトの形が違うのが気になりますが、新しいVer3.0のキットでは最初の設定通りになっています。

またしても左足膝のオイルシールが破れていて、オイルが漏れている設定です(笑)。にじんだオイルで茶色く汚れてしまっていますが、予算の都合で修理が出来ず、オイルの継ぎ足しで一時しのぎをしています。

まあ、私は平和主義なので武器を持たせるよりもこういったガンプラを作る方が好きだなあ。

今回紹介したのは1/100 RX-78-2ガンダムVer2.0ですが、新しいVer3.0が出ていますので、こちらがオススメです。

ガンプラの事をまとめたページへ。

ガンプラの作り方