自分だけのカスタムモビルスーツを作ろう

世界中にたった一機しか無い、自分専用のマシンを作りましょう。

パワード・ジム土建屋さん仕様:巨大油圧ハンドクラッシャー装備

改造に決まり事なんてありません。頭の中で空想した事を実現してみましょう。

ガンプラの改造に必要な道具とパーツ

早速私の道具箱をのぞいてみましょう。

改造道具編

写真に写っているのが主な道具です。上から順番に紹介します。

・工作マット(緑のマット)
この上でカッターを使っていろいろ切ります。机を傷つけない様にするには必要です。

・3.6V充電式ドリル
1/144ザクのモノアイをシールから自作レンズに交換するために穴を開けたり、ボルトを通す穴を開けるのに便利です。

・ライター
ランナーをあぶって伸ばしてアンテナを作ったり、外装をぶつけた時に出来るヘコみを作る時に使います。

・カッターナイフ
プラ板を切ったり、ランナーを削ったりするのに使います。

・デザインナイフ
デカールの余白を切ったり、スジ彫りの足りないところを掘ったりしています。

・定規
長さを測ったり、直角を出す時に必要です。

・ノギス
パーツの太さや厚みを測るのに使っています。

・瞬間接着剤
タミヤセメントが使えない金属部品の接着に使います。

・半田ゴテ
極め付けはこれです。ビーム兵器で切りつけられた様な感じにシールド表面を溶かしたりするのに便利です。

半田ゴテで、ダメージを受けた様に溶かしたシールド。

RGM-79Cジム改
改造パーツ編

・バンダイMSスパイクセット

ザクのアーマーのスパイクを鋭い物に交換したり、右肩アーマーにスパイクを追加して尖った感じを演出します。

エレキギターザクⅡ

・コトブキヤのモールドセット

バーニアセット
丸モールド
四角モールド
ボルトナットセット など、いろいろ使えるパーツが揃っています。

・タミヤプラ板セット
とりあえず、セットになっている物を買えば良いでしょう。

ザクの右肩アーマーに装甲版を追加するために使います。ボルトナットセットを使ってボルト止めした感じに仕上げます。

エレキギターザクⅡ

その他いろいろ作るのに便利です。ザクのギターもプラ板です。
パワードジムの油圧動作のハンドクラッシャーもプラ板で作りました。

油圧ハンドクラッシャー

角棒や丸棒タイプもあります。

・熱収縮パイプと電線
こちらは油圧パイプや高圧エアーパイプを再現するのに便利です。

熱収縮パイプと電線
パワード・ジム油圧ホース

・A-スプリング
こちらは動力パイプとして使ったり、パイプにかぶせて保護する様に使います。

ガンプラ改造に必要な道具とパーツまとめ

自分だけのモビルスーツを作るため、必要な道具とパーツを揃えてみましょう。
パーツに関しては、お店に置いてない場合がほとんどなのでAmazonで購入しています。

バーニアのリンクを貼っておきますので参考にしてください。

ガンプラのことをまとめたページへ

ガンプラの作り方

(途中で紹介したジム-CタイプやザクⅡやパワードジムも紹介していますのでご覧ください。)