通勤通学から山歩きまで大活躍のバックパック

今回紹介するのはザ・ノースフェースのピボターというバックパックで、とても使い勝手が良くて重宝しています。

決め手はPC用ポケット

毎日パソコンのMacBookAirを持ち歩いているのですが、このバックパックは最初からパソコンが入るクッション付きポケットが付いているのです。

以前はPC用のクッションケースに入れてからバックパックに入れていたのですが、最初からスペースが用意されている方が楽で良いです。

ちなみに15インチクラスのパソコンまで入れる事が出来ます。

手前には書類や雑誌も入れています。

サイドのメッシュポケットにはIDカード

会社に出入りするにはICチップの入ったカードが必要なのですが、メッシュポケットにカードを入れておいてセンサーに押し当てれば「ピピッ」っと音がして解錠されます。

以前はその度チャックを開けて取り出していたので、この方法になってからは楽チンです。

二段目三段目も容量が大きい

真ん中のチャックを開くとこれまた広いスペースが広がります。ここには弁当箱やら飲み物を入れています。

一番手前のポケットにはのど飴やサプリメントの瓶、薬のケースを入れて持ち歩いています。

背中とショルダーハーネスのクッションが良い

背中の部分のクッションが良いので背負い心地が良いです。また、ショルダーハーネスのクッションも良いので、電車に乗っての長時間の移動でも気になりませんでした。

安いバックパックとは違い、ここら辺に大きな違いがあります。

大きく開く開口部だが心配な事も

とにかく大きく開くため、意図しないでチャックが下がってしまった時に中身が出てしまいそうで怖いです。ここだけは修正して使っています。

写真ではちょっとわかりにくいかもしれませんが、指の先のところは釣り糸で縫い合わせてこれ以上チャックが開かない様に止めています。左右止めています。二段目も止めています。

これで安心です。

山歩きにもTHE NORTH FACEのバックパック

実は山菜採りに出かける時は別のザ・ノースフェースのリュックサックを背負っています。

山へ行く時のサブカメラEOS KISS X70をゴロッと入れて、食べ物や飲み物も入れて、収穫物を入れるビニール袋に汗拭きようのタオルなんかも入れて背負って出かけます。

こちらは色鮮やかなブルー系なので、山で目立って良いのです。

特に晩秋から冬にかけては猟をする人たちがいるので、熊と間違われない様にしないといけません。

以前は980円の物などを使っていましたが、すぐに型が崩れてボロくなるし、クッションは無いに等しいしでダメでした。

思い切ってTHE NORTH FACEの物を買ってみたところ、良くてはまってしまいました。