MS-06R-1A ZAKUⅡ ソロモンの白狼

今回ご紹介するのは、見た目はザクだけれど中身は別物といわれる高機動型ザクⅡ 「シン・マツナガ専用機」です。以前から作ってみたいと思っていたモビルスーツで、私には珍しく武器を持たせてみました。

MS-06R-1A シンマツナガ専用機

このジオンの白いモビルスーツを作ってみましたのでご覧ください。

シン・マツナガ専用機の特徴

・まず目を引くのが白い機体でしょう。ジオンには珍しく綺麗な配色のザクⅡですね。肩・膝・足・ランドセルにグレーが使われています。作ってみたくなる格好良さです。

・通常のザクとは違い、大きなランドセルと足から出ているバーニア6本が目立ちます。高機動型と言われる所以ですね。

実際、これだけのバーニアを装備していたらあっという間にエネルギーが尽きてしまうのでは?

MS-06R-1A シンマツナガ専用機 リヤビュー

使い込んでいる風に作成

今回も全塗装の上に、アワーメーターが結構伸びている(使い込んでいる)っぽい汚しを入れてみました。

バーニアで焼け

最初の使い込んでいる風の汚しは、リヤのバーニアで焼け焦げたお尻です。

高機動型ザクⅡ バーニア焼け

リヤのバーニアの仕様頻度が一番高く、しかも強烈なはずです。この角度で全開パワーにすれば、こんな焼け方になるのではないかと想像して塗装で再現してみました。

・塗料は黒をベースにガンメタと赤を少々。フラットベース(つや消し剤)を入れてから少量を筆に付け、テイッシュで筆の塗料を拭き取りながらバーニアの噴射方向に沿って少しづつ塗って行きます。焼けた感じと煤けた感じが出ればしめしめ。

足の水垢風汚れ

お次は左右の足に水垢風の汚れを入れてみました。

右足です。水が流れて跡になった様に薄く筋を引いてみました

MS-06R-1A高機動型ザク水垢汚れ

こちらは左足です。

家にある重機の汚れ方を参考に黒い汚れを付けてみました。

MS-06R-1A高機動型ザク水垢汚れ

・塗料は黒のアクリル絵の具を薄く溶いて、何度か塗っては拭いて塗っては拭いてを繰り返して汚れ風にしています。

モノアイにはレンズを自作

ザクのガンプラを何体か作りましたが、144/1サイズのHGUCはモノアイがシールです。イマイチなので必ずレンズを作って入れることにしています。この方がより本物っぽく、格好良く見えるからです。

自作レンズを入れたモノアイ

このレンズの作り方は、こちらの作成記で紹介していますのでご覧ください。

ガンプラMS-06ザクⅡF2製作記

0083に出てくるザクです。

シンマツナガ機の塗装

このキットはパテで修正する様な場所は無かったと思います。

1・800番位の耐水ペーパーで表面を荒らしてからサフェーサーを吹きます。

2・塗装は白とグレーのサフェーサーを吹いただけです。しかもホルツの自動車用プライマー(サフェーサー)です。案外と綺麗に仕上がります(笑)

3・付属のデカールを貼り付けます。

4・先ほど紹介した汚し塗装を行います。

5・上からMr.カラーのつや消しクリアーを吹いて出来上がりです。

デイスプレーは100円ショップのケース

出来上がったシン・マツナガ機は、100円ショップで売っているプラスチックケースの土台に少し加工を加えて飾っています。

100円ショップのプラケース

144/1のHGUCシリーズを入れるには丁度良いサイズなので重宝しています。土台はグレーに塗って、デカールのネームプレートをプラ板に貼り、ネジ止め風にして接着しておきました。まあまあでしょ?

今回のガンプラはこちらです。

ガンプラのことをまとめたページへ

ガンプラクラブ