初めての交換レンズはこれで決まり

私がデジタル一眼用に初めて買った交換レンズがCanon EF50mm F1.8 Ⅱです。

(今は新型になりEF50mm F1.8 STMになりました。)

Canonレンズ
EF50mmF1.8Ⅱ

これは、CanonのEOSユーザーの中ではかなり有名なレンズで、レンズ沼へと誘うための「まき餌」と呼ばれている魔のレンズと呼ばれています。

しかし私は「神レンズ」と呼びたいです。

なぜかというと、私が買った当時で8,000円位でしたが、この値段でこの明るさF1.8のレンズは他にはありません。

しかも構造がシンプルなため光のロスが少ないとの事で、写りが抜群に良いのです。

これを使ったのをきっかけに次々にレンズが欲しくなるという「レンズ沼」はまった方が沢山居ると聞きます。

恐るべし。CanonのEF50mm F1.8

ちなみにこちらが新型と旧型の比較です。金属マウントが新型です。

EF50mm旧型(左)新型(右)

背景をボカして撮った子犬達

このレンズを使って子犬を撮る機会があったのでご覧いただきたいと思います。

この子達は家のポポ君の甥っ子姪っ子にあたります。可愛い盛りですね。ポポ君にもこんな頃があったのですね。

Canon EF50mm F1.8

子犬だけにピントを合わせて背景をボカすため、絞りを目一杯のF1.8まで開いて撮りました。

カメラはCanon EOS60Dです。

モードダイヤルを絞り優先モード(Av)にして、電子ダイヤルを回して絞り値をF1.8にしています。ピントを鼻の頭に合わせてシャッターを切りました。

この子はチョッとボカシ過ぎたかもしれません。鼻の頭はピントが合っていますが、目がボケてしまいました。

F2.8位まで絞れば、目までピントが合っていたかもしれませんね。

Canon EF50mm F1.8

何とも愛くるしい仕草に心癒されます。

Canon EF50mm F1.8

この子だけ右目の周りが真っ白なのです。ピントは目にあわせたのですね。

Canon EF50mm F1.8

さすがにF1.8で撮るとピントがシビアすぎますね。少しずれてもピンボケ写真なってしまうのです。

しかも、子犬たちはじっとしていてくれないから大変でした。

FE50mmF1.8 STMが使えるカメラ

新しいEF50mmで説明しますが、古いタイプでも使えるカメラは同じです。

キャノンのイオスシリーズ

このレンズはデジタル一眼のEOSシリーズ全機種(フルサイズ〜APS-Cサイズ機)で使用できます。

・EOS1 EOS5 EOS6 (フルサイズ)

・EOS Kiss シリーズ  (APS-Cサイズ)

・EOS 7D 50D 60D 70D 80D 8000D 9000D(APS-Cサイズ)

背景をボカシて撮る方法

普通のコンデジでも大丈夫。設定を変えればある程度背景をボカして撮る事が出来るようになりますので試してみてください。

カメラにおまかせのフルオート撮影から、手動撮影に変えてみてください。驚くほど良い写真が撮れますよ。

CanonのEOSで説明します。

①モードダイヤルを(Av)という位置にします。

これは絞り優先モードと言って、光の通る量を多くしたり少なくしたりして撮影するモードです。

②電子ダイヤルがある方はダイヤルを、コンデジでキーになっている方はキーを押してF3.5とかF2.8とかF1.8とか、数値をできるだけ小さくします。

すると背景がボケた写真を撮ることができます。

反対に絞りをF11とかF16とか絞って行くと光の通る量が少なくなります。すると背景の方までピントが合う様になってきます。

③シャッターを半押ししてピントを合わせ、構図を決めて撮影。

どこにピントを合わせるかが問題ですが、子犬だったら目に合わせるのが良いでしょう。

④ズームを使って少し離れて撮影。

すると、さらに背景がボケやすくなります。

キットレンズでも、絞り優先モードで絞りを目一杯開いてから少し離れたところからズームを使うと、背景のボケた写真が撮れますので試してみてください。

猫ちゃんも可愛く撮れますのでお試しください。
このレンズオススメです。

写真の事をいろいろとまとめたページへ

EOSで撮る写真

新型の単焦点レンズEF50mmf1.8STMの事はこちらから

EF50mmf1.8STMを最初の交換レンズにいかが?