電気を使わず凍結防止

青空と雪
雪景色

カネライトフォームという断熱材をご存知でしょうか。

本来は床下などに敷いて使う物なのですが、水道管の凍結防止に使った所、効果がありましたので報告しましょう。

事の発端は近所の老夫婦の家

近所に老夫婦が住んでいたのですが10年位前に二人とも施設に入り、現在空き家となっている家があります。その家も我が家と同じ自家水道を引いているのですが、昨年の冬に凍結し蛇口が破裂してしまいました。

何と!電気が止まっていたので凍結防止帯が機能していなかったのです。

春になって我が家の自家水道が出なくなったので調べていると、その家で破裂して水が噴き出しているのを発見しました。

しかし、困った事に老夫婦が居ないので止水栓の位置がわかりません。ジャンジャン水が出ている中、とりあえず破裂した蛇口を外し、栓をはめて応急処置。もうビッショビショ。

地中の菅を潰して止水してしまおうか?とも思いましたが、親族が来た時に水が出ないと困るだろうと思い、それは止めました。

※行政の水道はメーターの前で止水してあったので大丈夫でした。

しかし、このままでは次の冬にまた破裂してしまう。どうしよう。

解決策は断熱材

どうしたものかと考えた末、カネライトフォームをカットして菅全体を包んでみようと思い、早速行ってみました。

カネライト25mm

カネライトフォームは母屋の床に断熱材として敷いた物で、余っていた物をカットして使いました。厚さ25mmの物です。

ホームセンターで1枚500円位で買うことが出来ます。(910×1820×25mm)

10cm位根元の土を掘って入れてあります。

カネライトで断熱

上に乗っているのが破裂した蛇口で、横の水道が行政の水道です。

カネライトフォームの効果

今朝はマイナス12℃まで冷えましたが大丈夫でした。結果は良好。これでダメだったら地中の菅を潰すしかないと思っていましたから良かった良かった。

普段水道が凍らない地域に住んでいる方もこの寒波でやられた方が多いのではないでしょうか。

見た目はちょっと悪いけど効果ありますよ。

※同じ様な商品でスタイロフォームもあります。青いやつです。効果は同じです。

電気を使わない凍結防止方法。ぜひお試しください。

サイズはいろいろありますのでこちらを参考にしてください。

追記:2018年春

この冬もマイナス10℃以下になる日が続き、更にマイナス15℃を下回る日がありました。さすがに心配になって様子を見に行きましたが破裂せずにいてくれました。

恐るべしカネライトフォーム。ありがとうカネライトフォーム。

そうは言っても心配な方はプロに任せて安心です。近くの水道設備屋さんを探しましょう。

水道の凍結防止にチョロ出しが有効