油断してまさかの水道管破裂

カラマツ 冬 EOS60D
カラマツの雪景色

年末年始は穏やかな日が続いて良かったのですが、今朝は打って変わってマイナス10℃!日中も風も強くて寒かったです。

そんな中、年末年始に仕事だった私は今がお休み。昨日、今日とのんびり休日を過ごしていました。

特に今日なんて午前中は温泉に行って温まってきましたもん。

ところが帰宅後、午後はゆっくりしようと思っていたところに母屋の水道管が破裂したとの事。

水道管が凍結した原因

凍結防止帯は巻かれていたのに電気が入っていなかった〜!オイオイ。

みんさんお気をつけください。

午後になって日が当たり、凍っていた所が溶けて水が吹き出したらしい。破裂した場所は、地中から立ち上がって壁に入るまでの間です。

すでに午後3時過ぎです。早くやらないと日没が!しかも風も強くて寒い〜!やだなあもう。

どうやって修理するか思案

破裂したのは山から引いている自家水道でした。さてどうするか?とりあえず止水栓を閉めて、水を止めてから考えました。

壁の配管を取り替えるだけの資材も時間も無いぞ!

地中からの立ち上がり部分に蓋をしてしまおう!

この水道は春まで使えなくても大丈夫だ。という事になり、倉庫から使えそうな資材を集めてから穴掘り開始。

IMG_0256

細い方が水道管です。立ち上がり部分を外そうとパイプレンチで回してみましたが、全く回りません。思いっきり力を入れたらバキ!っと音がして立ち上がり部分の根元が割れてしまいました。

ゲッ!どうしよう!~作戦変更だ。

T字の部分を真っ直ぐつなぎ直してしまおう。

ところが問題発生、これ以上水道管を露出させる事が難しいため、真っ直ぐにつなぐ事が難しい事がわかりました。曲がらないので継ぎ手がうまくはまらないのです。

更にパイプは何と16mm!てっきり13mmと思ってた。

在庫が無いので慌てて一番近くのホームセンターへ買いに走り、L字の継ぎ手を4個とパイプを1mと接着剤1個購入。

水道管用接着剤は専用のものを!

ちなみに接着剤は水道管専用の接着剤です。パイプや継ぎ手売り場に1缶400円位で売っています。

水道管用接着剤

硬質塩化ビニール用ですので主に地中部分の配管の接着に使います。立ち上がりや屋内配管の金属菅には使えません。

さて、資材を買って帰ってきたら午後4時近く!やばいやばい!早くやらなきゃ暗くなっちゃう。

コの字につないで応急処置だ。

急いで水道管をカットしてL字と合わせて仮組をしてみます。

IMG_0260

ここにこれをはめ込むようにつなげば簡単につながるはず。

IMG_0259

L字の内側と水道管の外側に接着剤をたっぷり塗ってから力一杯はめ込みます。そのまま10秒くらい静止していればOKです。

IMG_0258

完成!こんな格好になってしまいましたが無理なく繋げる事ができました。

IMG_0261

通水開始。止水栓を開いてから蛇口を開けるとガフッ!ガフッ!とゲップをしてから水が出ました。修理箇所に漏れが無いのを確認してから埋め戻しです。

IMG_0265

終わったあ!日暮れまでに間に合った。

とにかく急いでやっていたもので、この寒いのに汗が出ました。

IMG_0267

きれいな夕焼けです。明日もお天気ですね。

今晩も冷え込む事でしょう。もう破裂しないでね。

実は私、若い頃に近所の土建屋さんのお手伝いをしていた事があるのです。その土建屋さんでは住宅の基礎工事から建前、水道管の本管敷設工事から宅内への引き込みなんかをやりました。更に防火水槽の工事とか、擁壁工事やら舗装まで。いろいろやった経験が生きてます。

寒かったけど懐かしかった水道工事のお話しでした。

そうは言っても自分で対応するのは困難なケースが多いかと思います。そんな時はプロに任せて安心です。

水道の凍結が心配な方はこちらの記事もごらんください。

電気を使わない凍結防止その1

水道の凍結防止にチョロ出しが有効

電気を使わない凍結防止その2

水道の凍結防止にカネライトが有効だった